本文へ移動

古紙の分別方法

分別が古紙の「価値」を高めます

各ご家庭や各事業所で不要となった紙は廃棄するのではなく製紙原料として再生利用することでごみ減量化、資源の循環ができます。また、木材が原料の紙を廃棄することは、森林資源の浪費にもつながり地球温暖化の原因にもなります。
集められた古紙は、その品質や種類に応じて様々な製品の原料として使用されます。

 


段ボール、新聞、雑誌など種類別に分別し、ばらばらにならないように紐でしっかりとしばってください。分別するときは禁忌品(古紙に混入して困るもの)を取り除いて下さい。
また、新たな古紙銘柄に「雑がみ」(下記参照下さい) 「オフィス古紙」が設定されています。

古紙の種類や禁忌品の詳細についてはこちらをクリックしてご覧ください。
>>財団法人古紙再生促進センター

 

古紙の種類と製品について

禁忌品について

禁忌品とは紙の原料にならない異物、混ぜてはならないもののことをいいます。
これらを分別の段階で取り除くことで、古紙の価値が高まりより良い製品へと生まれ変わります。
主な禁忌品は以下をご参考ください。

お問い合わせフォーム
0120-927-679
団体・個人様向けフォームと企業様向けフォームのどちらかをお選び下さい。
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る